日本質的心理学会 第14回大会

大会終了のお礼

日本質的心理学会 第14回大会 準備委員長 西村ユミ

日本質的心理学会第14回大会にご参加の皆様
大会へのご協力の御礼とご報告

9月9日(土)、10日(日)に首都大学東京荒川キャンパスで開催されました「第14回大会」に対しまして、多くの皆様(478名)にご出参加頂き、まことにありがとうございました。晴天にも恵まれ、盛会のうちに2日間の大会を終えることができましたこと、御礼申し上げます。

大会では、企画シンポジウム、ポスター発表ともに、時間いっぱいを使い、入り切れないぐらい多くの方が詰めかけた会場で、熱い議論を交わして頂きました。分野を超えた学際的な議論に加え、様々な経験の当事者の皆様にもお越し頂き、質的研究そのものが生まれる場を体験させて頂きました。大会企画「対談」では、谷川俊太郎さん×細馬宏通さんのリズミカルなテンポから生まれる言葉に耳を傾けつつ、いつもと違った感覚を楽しんで頂けたと思います。260名を超える参加者の皆様との「鉄腕アトム」の合唱や谷川さんの詩の朗読からは、「ことば」と「からだ」が分かちがたいものであることを実感できました。大会企画シンポジウムでは、質的研究の評価基準について提案を受けつつ、その基準を超えていくことの可能性にわくわくさせられたことと思います。

クッキー・パウンドケーキ販売の「荒川ひまわり第2」及び「荒川ひまわり」の皆様、広告・展示でご協力くださいました企業の皆様には、大会を盛り立てて頂きありがとうござました。
懇親会にも多くの皆様にご参加いただき、フルート演奏とお食事を楽みつつ、時間を忘れて熱い議論を続けて頂きました。

「第14回大会アンケート」へも、多くの皆様から、多様な内容のご意見をいただき、ありがとうございました。今後の日本質的心理学会大会運営に役立てるよう、次期大会に引き継ぎで参りたく思います。

大会運営におきましては至らない点も多くあったかと思いますが、参加された皆様から多くの刺激やご意見、また励ましを頂き、ご一緒に大会を盛り立てて頂けましたこと、とても嬉しく思いました。第14回大会へのご協力に対し、改めまして、感謝いたします。

次年度には、沖縄での第15回大会で再会できますことを、楽しみにしております。
この度は、本当にありがとうございました。

日本質的心理学会第14回大会
大会長 西村ユミ
実行委員一同

大会事務局
〒116-8551 東京都荒川区東尾久7-2-10
首都大学東京荒川キャンパス 健康福祉学部 第14回大会 大会実行委員会
E-mail: shitsushin14[at]gmail.com ※[at]を@に置き換えてください。
Copyright © 日本質的心理学会 第14回大会 All Rights Reserved.
ページの先頭へ戻る